阪神間の住宅地 | 理想のマイホームを建てるには工務店へ依頼する
家

理想のマイホームを建てるには工務店へ依頼する

阪神間の住宅地

エリアの周辺情報

一軒家

宝塚市にはJRと阪急電鉄の2つの鉄道路線が通り、通勤に便利なことから大阪のベッドタウンになっています。また閑静な高級住宅街というイメージもあって、周辺でも人気の高いエリアのひとつです。商業施設は駅周辺に集中しており、駅から離れると坂道になるため車かバスの利用が必要になりますが、教育施設は山の手に多いという特徴があります。宝塚市の新築一戸建ての価格は2000万円台〜4000万円台が中心になっています。古くからの高級住宅街は価格も高めになっています。比較的安価な新築一戸建ては高台エリアに多く、交通の便はやや劣るものの眺望は良好で、敷地面積も広く庭や駐車場の完備した物件が多いというメリットがあります。

開発ガイドラインの制限

宝塚市の開発ガイドラインでは、第一種・第二種低層住居専用地域では最低敷地面積が150平方メートル以上、外壁の後退距離が50センチ以上と定められています。ただし既存の住宅を建て替える場合には適用されません。この基準があるため、新たに開発された土地の新築一戸建ては、敷地面積に余裕があるのが特徴です。古くからの住宅地である仁川周辺などは、建て替えの新築一戸建てが多く、敷地面積はそれほど広くありませんが、坪単価は高めになっています。宝塚駅から北西のエリアは近年開発が進められており、坪単価は低めですが面積が広いため、極端に低価格の住宅はあまりありません。広さと価格を考えて住宅を選ぶのがポイントになります。